ポジションを中音域に持っていくことが出来た

と言うことで。。

次の行程にすすみます

まず、歌いたい曲を

リップロールで歌います

ブルブルの細かさ、音量、ポジション一定でやってください

メロディーがスケールで下がる
(ソファミレドの様に滑らかに落ちるメロディー)
一緒に落ちないこと

メロディーがスケールで上がる
一緒に上がらないこと

ジャンプ音程
(ド~ソの様に上がる、又は下がる)
一緒に上がらないこと、下がらないこと

これで歌った場合、高音の部分が
リップロール出来なかったら

この曲は高すぎて歌えない

と言うことです

まず、出なかった部分が何処の部分、何の音だったかを理解しましょう

次回は出なかった曲を使って高音トレーニングを書きます