ビブラートのかけ方です

ビブラートはあくまでも

「おかず」

です

詞を伝える際、ビブラートをかけた方が「オイシイかな?」という時だけかけましょう

1フレーズに何度もかけるのは

ウザいです

なにもしなくても普段から揺れてしまう人は。。

喉の老化かもしれません

ビブラートの細かい、荒い

方法違うので。。

やり方書きますね

○喉を使う

細かいビブラート

○お腹を使う

荒いビブラート

喉ビブラートは。。

出しやすいキーで

あ~

と言い、その後喉を震わせてください

細かいビブラートできるはずです

荒いビブラート

出しやすいキーで。。

ああああ(全音上げ下げ、例えばドレドレ、ソラソラのように全音で上げ下げして「あ」を言います)

ああああを
4分音符、8分音符、16分音符
と早く言います

必ず全部上げ下げする時はお腹を意識して

荒いビブラートできるはずです

荒いか細かいかは好みでやりやすい方を選んでみてね