この曲は可もなく不可もなく
無難に歌えます

V =ブレス(V)=ばれないようにブレス
/=止める

歌詞

A
変わりゆく日常に/飲み込まれたままV
恋愛なんてしないと思ってたV
※変わり~ゆく
4度音程が上がります
「ゆく」のポジションに最初からいて「変わり」のメロディーの音をつまみ上げるように歌います
そうするとマイクに通りやすい声になります
Aは日常の歌を歌詞なので力を入れず歌いましょう
「しないと思ってた」
「と」と「思(おも)ってた」母音が「と」「お」同じ
接続詞の「と」を抜き「思ってた」の「お」は前に出して

人を好きになるのは理屈じゃないみたいV
私、恋をしたよV
※人を~みたい
「みたい」なので、言い切ってはいません。~なような気がする程度の軽い表現で伝えましょう
Aに対して反対の事を言っているのでメリハリのある伝え方で
「私、恋をしたよ」
私=歌ってるあなた本人が恋をしたように
ここははっきり言ってますのではっきり伝えましょう

B
もう一度/動きだすV 淡く愛しい日々v
もう一度動き出しています
止まってから動き出すまでの間はどのくらいだったのか設定しましょう
「日々」の「び」の母音は「い」
サビの「二度」の「に」の母音は「い」
同じ母音です。必ず歌い直して

サビ
二度ない瞬間と/感触は(V)消えていたけれどV
心にまだ残る純粋とV初めて恋をした記憶V
「瞬間」「感触」「純粋」「初恋の記憶」の表現のメリハリ付けて

恋愛における
「瞬間」や「感触」って言うのはもう忘れちゃってるけど
「純粋」「初恋の記憶」はあると言ってます
これは無いがこれは有ると言うのを聴いている側に分かりやすく表現しましょう